社会学系

書名 著者名 出版社 定価(税込) 出版年
「若者」とは誰か(増補新版) 浅野智彦 河出書房 ¥1,760 2015年
トクヴィル 平等と不平等の理論家 宇野重規 講談社学術文庫 ¥1,056 2019年
希望のつくり方 玄田有史 岩波書店 ¥902 2010年
流言のメディア史 佐藤卓己 岩波新書 ¥990 2019年
差別の現在 好井裕明 平凡社新書 ¥924 2015年
対話する社会へ 暉峻淑子 岩波新書 ¥946 2017年
コミュニティを問いなおす 広井良典 筑摩書房 ¥1,012 2009年
現代社会はどこに向かうのか―高原の見晴らしを切り開くこと 見田宗介 岩波新書 ¥836 2018年
若者が無縁化する 宮本みち子 ちくま新書 ¥858 2012年
ふたつの日本「移民国家」の建前と現実 望月雄大 講談社現代新書 ¥924 2019年
大人のための社会科 井手英策 有斐閣 ¥1,650 2017年
違和感から始まる社会学 好井裕明 光文社新書 ¥902 2014年
家族難民 山田昌弘 朝日文庫 ¥704 2016年
1990年代論 大澤聡 河出ブックス ¥1,980 2017年
スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 島村菜津 光文社新書 ¥924 2013年
※LGBTを読みとく―クィア・スタディーズ入門 森山至貴 ちくま新書 ¥880 2017年
※健康的で、清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて 熊代亨 イースト・プレス ¥1,980 2020年
外国人労働者・移民・難民ってだれのこと? 内藤正典 集英社 ¥1,760 2019年

国際関係

書名 著者名 出版社 定価(税込) 出版年
フラット化する世界(増補改訂版上・下) T.フリードマン 日本経済新聞出版社 各¥2,200 2008年
人間の安全保障 アマルティア・セン 集英社新書 ¥880 2006年
グローバリズム以後 エマニュエル・トッド 朝日新書 ¥792 2016年
イスラームから世界を見る 内藤正典 ちくまプリマー新書 ¥946 2012年
「正しい戦争」は本当にあるのか 藤原帰一 ロッキング・オン ¥1,760 2003年

学際系

書名 著者名 出版社 定価(税込) 出版年
世界を、こんなふうに見てごらん 日高敏隆 集英社文庫 ¥539 2013年
新しい幸福論 橘木俊詔 岩波新書 ¥902 2016年
子どもの貧困 日本の不公平を考える 阿部彩 岩波書店 ¥946 2008年
生きさせろ! 難民化する若者たち 雨宮処凛 ちくま文庫 ¥880 2010年
できることをしよう 糸井重里 新潮社 ¥1,540 2011年
現代の貧困 ワーキングプア/ホームレス/生活保護 岩田正美 筑摩書房 ¥880 2007年
※海洋プラスチックごみ問題の真実―マイクロプラスチックの実態と未来予測 磯辺篤彦 化学同人社 ¥1,650 2020年
グレタと立ち上がろう 気候変動の世界を救うための18章 ヴァレンティナ・ジャンネラ 岩崎書店 ¥1,980 2020年
生きる意味 上田紀行 岩波書店 ¥814 2005年
文明の災禍 内山節 新潮社 ¥748 2011年
「おもてなし」という残酷社会 榎本博明 平凡社新書 ¥858 2017年
農山村は消滅しない 小田切徳美 岩波書店 ¥924 2014年
モラルの起源 亀田達也 岩波新書 ¥836 2017年
チェルノブイリの祈り スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 岩波書店 ¥3,630 2021年
メディア・リテラシー  世界の現場から 菅谷明子 岩波書店 ¥924 2000年
ウェブ社会のゆくえ 鈴木謙介 NHKブックス ¥1,100 2013年
ぼくらの民主主義なんだぜ 高橋源一郎 朝日新書 ¥858 2015年
書評で学ぶ 入試小論文の必須テーマ 福永文子 学研教育みらい ¥325 2019年
戦争の条件 藤原帰一 集英社 ¥880 2013年
※『まんが クラスメイトは外国人』(『多文化共生20の物語』、『入門編』、『課題編』) 「外国につながる子どもたちの物語」編集委員会 編/みなみななみ まんが 明石書店 ¥1,320~¥1,430 2009~20年
※その情報はどこから?―ネット時代の情報選別力 猪谷千香 ちくまプリマ―新書 ¥814 2019年
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブル― ブレイディみかこ 新潮社 ¥1,485 2019年
無子高齢化 出生数ゼロの恐怖 前田正子 岩波書店 ¥1,870 2018年
増補 日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で 水村美苗 筑摩文庫 ¥968 2015年
ヒーローを待っていても世界は変わらない 湯浅誠 朝日文庫 ¥726 2015年
働くということ  グローバル化と労働の新しい意味 ロナルド・ドーア 中央公論新社 ¥770 2005年
<文化>を捉え直す 渡辺靖 岩波新書 ¥858 2015年
ブラックボックス化する現代 変容する潜在認知 下條信輔 日本評論社 ¥1,870 2017年
歩く、見る、聞く 人びとの自然再生 宮内泰介 岩波新書 ¥858 2017年
※ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた――あなたがあなたらしくいられるための29問 一橋大学社会学部佐藤文香ゼミ生一同 (著)/佐藤文香 (監修) 明石書店 ¥1,650 2019年
※SDGs―危機の時代の羅針盤 南博,稲場雅紀 岩波新書 ¥902 2020年
あの戦争はなんだったのか 保阪正康 新潮新書 ¥880 2005年

福祉系

書名 著者名 出版社 定価(税込) 出版年
未来の再建―暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン 井出英策/今野晴貴/藤田孝典 ちくま新書 ¥902 2018年
8050問題の深層 川北稔 NHK出版新書 ¥880 2019年
社会保障再考〈地域で考える〉 菊池馨実 岩波新書 ¥902 2019年
老いる家崩れる街 野澤千絵 講談社現代新書 ¥836 2016年
こんな夜更けにバナナかよ 渡辺一史 文春文庫 ¥660 2018年
なぜ人と人は支え合うのか 渡辺一史 ちくまプリマ―新書 ¥968 2018年
共生保障<支え合い>の戦略 宮本太郎 岩波新書 ¥924 2017年
つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく 熊谷 晋一郎 &綾屋 紗月 NHK出版 ¥770 2010年
※ボクはやっと認知症のことがわかった―自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言 長谷川和夫 猪熊律子 KADOKAWA ¥1,430 2019年
※手の倫理 伊藤亜紗 講談社選書メチエ ¥1,760 2020年
老いのゆくえ 黒井千次 中公新書 ¥902 2019年

※紹介している本の中には現在、絶版または重版未定の本もありますが、図書館などで読むことが可能なためリストに入れています。
※書名に「※」がついているものは2021年度に新たに加えたものです。
※「定価(税込)」は2021年3月現在のものです。