高等学校様等の団体以外からのお申込みは承っておりません。
ご了承の程お願い申し上げます。

総合型・学校推薦型選抜、就職試験対策に最適!

 ねらい

  • 「常識テスト」は、総合型・学校推薦型選抜や就職試験に出題される一般常識問題に対応する常識力と、面接の模擬体験による心構えの養成を目的としています。

 特色

  1. 50分で様々なテストや紙上面接が可能
    「一般常識テスト」では、「生活常識テスト」で教科別の知識を、「時事常識テスト」で時事常識を確認します。また、「面接テスト」で紙上面接を行います。これらをすべて50分で実施できます。
  2. 「事前学習用テスト」で得点力アップ
    付属の「事前学習用テスト」で、国語・数学・英語の知識が確認できます。本番の常識テストの出題内容に沿った類題が盛り込まれているため、直前の練習テストとして最適です。また、常識テスト実施後の復習教材としてもご活用いただけます。
  3. 「面接テスト」で面接への心構えを養成
    総合型・学校推薦型選抜や就職試験の面接試験でよく問われる項目を厳選し、「大学・短大・専門学校推薦入試用面接テスト」と「就職用面接テスト」として、紙上面接を行います。選んだ応答によって段階評価をします。
  4. 成績資料を約2週間で返送
    個人成績表・先生用資料は、答案到着から約2週間で発送いたします。受験後、早い段階で結果が生徒の手元に届くため、意識が高い状態で自身の成績を確認することができ、知識のスムーズな定着がはかれます。また、保護者との面談資料としても最適です。

 標準実施日

第1回 4月6日(火)~5月31日(月)
第2回 6月1日(火)~7月31日(土)
※5月中旬より実施可能
第3回 9月1日(水)~12月20日(月)
※8月中旬より実施可能
第4回 2022年1月8日(土)~2月28日(月)
※12月中旬より実施可能
成績資料発送 答案到着後、約2週間で発送

 テストの構成(内容・形式)/標準実施時間

一般常識テスト
必須問題の「国・数・英常識」と「時事常識」で構成
40分
面接テスト
「大学・短大・専門学校推薦入試用」「就職用」の2種類があり、
それぞれで頻出の10項目を取り上げ、紙上での模擬面接を実施。
10分
合計 50分

※受験料(請求額)の確認はこちら。(閲覧にはパスワードが必要になります。)

 先生用資料

  • データA:校内集計
  • データB:成績の推移、度数分布
  • データC:クラス別集計

 個人成績表

  • 今回成績データ
  • 分野別常識度・校内全問正答率
  • 成績アドバイス

 問題に挑戦

常識テストの問題をピックアップしてみました。気楽な気持ちで挑戦してみて下さい。

次の(1)~(5)について、最も適切な答えを、後の①~④からそれぞれ選びクリックしなさい。

1.新型コロナウイルス感染症への対策にはさまざまな省庁があたっているが,主に健康・医療・福祉などの面を担当している省庁は,次のうちどれか。

①. 法務省
②. 厚生労働省
③. 文部科学省
④. 環境省

2.裁判員制度についての説明として最も適切なものは,次のうちどれか。

①. 裁判は裁判官3名,裁判員6名で行われる。
②. 裁判員は量刑(刑の重さ)の判断は行わない。
③. 民事裁判の第一審に導入されている。
④. 裁判員は有権者の立候補によって決定される。

3.一般に,イギリスのEUからの離脱を表す略称は,次のうちどれか。

①. Macroeconomics
②. Brexit
③. Withdrawal
④. Separation

4.IAEAの目的についての説明として最も適切なものは,次のうちどれか。

①. 世界からあらゆる人種差別を撤廃すること
②. 対人地雷の全面的な使用禁止を達成すること
③. 世界各国の文化遺産・自然遺産を保護すること
④. 原子力の平和利用と軍事への転用阻止をはかること

5.最近,高齢者の運転による自動車事故が増えている。現在行われている,高齢者の運転に対する対策に該当するものは,次のうちどれか。

①. 自動車の運転免許が定年制となり,65歳以上の人は運転できない。
②. 自動車メーカーは自動ブレーキのついていない車を運転できない。
③. 75歳以上の人は認知機能検査などを受けないと運転免許証を更新できない。
④. 70歳以上の人は運転免許証を自主返納しなければならない。