高1の仕上げ段階での国公立大・難関私立大入試対策模試

 ねらい

  • 高1の3学期に行われるこのテストは、全国の進学校を中心とした難関国公立大・私立大を目指す生徒を対象とし、入試への意識付けを図ることを目的としています。選抜方法などが毎年変動する大学入試に対応するために、テクニックだけではない「真の実力」を養成するためのテストです。

 特色

  • 難関国公立大・私立大の志望校決定における早期の意識付けに最適!
  • 同じ目標を持った全国の進学校が多数参加するこのテストでは、高いレベルの問題を精選しています。さらにその結果データは個人の学力はもとより、全国の最良の母集団での学力比較に重点を置いて作成します。2年後の本番を見据えた本格的な模試により、今後の学習計画の設定に大いに役立ちます。

 標準実施日

実施日 2018年01月27日
※答案必着日:02月13日
※12月中旬~02月上旬実施可能
成績資料一式発送予定 2018年03月05日ごろ
受験生資料・先生用資料(2)発送予定 2018年03月16日ごろ

 実施教科、配点/時間

国語 200点/90分
数学 200点/90分
英語(リスニング選択:CD対応) 200点/90分

 標準受験料

3教科(国・数・英) 2,900円

 先生用資料

  • データA:校内集計
  • データB:型別集計
  • データC:教科別集計
  • データD:クラス別集計
  • データE:得点偏差値対照表
    ※3教科総合偏差値は各教科の平均偏差値を採用しております。
  • 先生用個人成績表控え(クラス別冊子)

 各教科出題方針

 英語

難関大学を視野に入れた問題構成

難関大学の問題レベルを高1段階から視野に入れて問題を構成します。コミュニケーションを重視して、リスニング(筆記との選択もあり)や会話、発信型の語彙問題、自由英作文問題を取り入れる一方、オーソドックスな文法・英文読解・英作文を十二分に出題し、基礎力と応用力を測るバランスのよい設問としています。

 数学

数学の真の学力が測れる内容

数学Ⅰの数と式、方程式・不等式、2次関数、三角比、数学Aの場合の数、確率、整数の性質など、高1のこの時点での総合力を試します。大問①は客観問題ですが、大問② 以降は本格的な記述問題で、場合分けを要する問題、いくつかの分野の融合問題、あるいは証明問題を通して、数学的な思考力、論理的な答案を書く力など、数学の真の学力が測れる内容です。難関大学を目指す生徒にとって、文系に進む可能性があっても、全国レベルでの数学の力をみることは意義があるものと考えます。

 国語

大学入試センター試験から個別学力試験までの基盤となる国語力を点検

国公立大学や難関私立大学を目指す進学校の生徒を対象に、高1のまとめの段階における国語の総合力を試す出題になっています。現代文・評論、現代文・小説、古文、漢文の各大問を全問必答とし、それぞれ進学校の学習進度に合わせた内容を記述式設問と選択式設問に適切に配分してあります。将来の大学入試センター試験や国公立大学の個別学力試験や難関私立大学の入試に備えて、その基盤となる高1段階での国語力を点検し、以後の国語の学習計画を設定するための最適の資料となります。

 出題内容

出題内容は先生専用の情報です。(閲覧にはパスワードが必要です。)

出題内容を確認する

 問題見本

国公立大から難関私立大までに対応した問題

「学研・高1実力テスト〔ハイレベル〕」は、全国でも有数の進学校の生徒が受験するテストで、国公立大から難関私立大までの問題を分析し、それに対処できる実力を身につけることができる問題内容です。

item0010-02

item0010-03-2

item0010-01-2

 高1ハイレベルテスト生徒用申込書(pdfデータ)

高1ハイレベルテスト